--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.28

ここに書くのは非常に辛いのですが、
なんだかやりきれなくて。
と、言っても目の前にせまった現実だし
皆さんにお知らせしなくてはと思い書きます。


何度か登場していたウチの猫ルーちゃん。
10日前あたりに熱が出てすぐ病院に行って薬をもらいました。
その時は熱は治まって旅行中も母親いわく元気だったらしいのですが
帰ってきてから再び熱が。

血液検査やレントゲンをとっても原因が解らず
解熱剤と抗生物質を飲ませていたのですが
食欲など回復せず昨日もう1度病院へ。

ガンが発覚してしまいました。

しかも手術できないリンパのガン。
猫には比較的多いガンらしいのですが
それでも10万頭に200頭くらいの割合。
なんでウチのが。

これからの手段としては2つ

1、抗がん剤を与えて延命治療をする

2、抗がん剤などは与えず解熱や抗生物質などで
  余命をなるべく快適に過ごさせる

1の場合1年持てば大成功というレベル。
2の場合は早くて10日、持って3ヶ月。


嫁と話し合った結果
2のほうで行こうと。

これには反論がある方もいるかもしれませんが
いろいろ悩んだ後の考えなので否定しないでください。


原因はなんらかの理由でリンパ球が
傷ついたりして悪化したらしのですが
はっきりしたことは不明。

ウチに来てまだ1年もたってないのに。
未だにジリとは仲良くなってないのに。
ずっと臆病で嫁にベッタリだったルー。

運命なの?
考えても悩んでも誰のせいでもないから
とにかくやりきれない。

現在は食欲はあまりなく元気もないですが
声には反応したりたまに歩いたりするので
そこまでは弱ってきてない状態ではあります。

今は残りの日をなるべく快適に過ごさせるしかありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。