--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.04.14

ブログの炎上からの話

最近、芸能人や有名人がちょっとでも何かを批判したり
おかしな発言をするとすぐにブログが炎上しますね。

そりゃメチャクチャ酷いこと書いたり
法に触れることを書いたりしてる人のは別ですが、
ささいな発言や、批判とは言いにくい感想程度の意見なのに
よってたかってブログにコメントを書き入れて
そのブログを閉鎖に追い込んでしまうのも少なくない。
しかも荒らしたりするのを楽しんでるだけの
便乗祭り参加者が多いのも困ったものです。

ブログを書いてる人で
「思ったことを素直に書いたら叩かれるから
控えめに書いておこう。なんならちょっと脚色しておこう。
脚色したけどやっぱり不安だな。やっぱ書くのやめとこう。
何書いていいか解んなくなったな。まあいいか。ありきたりな内容にしよう。」
こんなことはよくあると思います。

これじゃブログはどこの誰のを見ても金太郎飴的な
似たような毒無しで平均的なものになってしまうでしょう。
こんなブログって何の意味が?

テレビもそうらしいですね。
視聴者からの苦情を聞きすぎて
少し昔だったらOKだったことでもダメで
全く自由に作れないらしいですね。

雑誌もそうかもしれません。
よく「この新人の作品の中からアンケート1位は連載権獲得!」
という企画を見ます。
そりゃもちろん雑誌は商売だから売れるもの、
読者の期待に答えるものを提供していかなきゃいけないのは解るのですが…。
このシステムではほんとうに才能のある作品が世に出にくい場合があるでしょう。

一昔前は、提供する側が何か今までに無い衝撃的なモノを世に発表して
それからお客さんがついてくるという
(もちろん衝撃過ぎてついてこない場合もありましたが)
10年ちょっと前まではこんな図式があったような気がします。
いわゆるカリスマ性のある何かを追い求めてたり惚れ込んでたりした時代。

まあ時代が変わったと言われればそれまでですが、
モノを造る側としては造りづらい、
手に取る側としては金太郎飴ばかり売ってる
世の中になってしまっているのかもしれません。

ブログの炎上からこんな話になってしまいましたが、
それでもこのブログは時代にあわせて
ほどほどにやわらかく続けていくつもりなので
これからもよろしくお願いしまーす^^


この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2008.04.14 20:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。