--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.01

2006年5月31日

久しぶりに吉野屋に行ったんですよ。
アメリカ産牛肉の輸入制限で
他の牛丼チェーンがオーストラリア産牛肉を使って牛丼を出すなか
吉野屋だけはいまだ頑として出さずにいる。
その姿勢に逆に漢(おとこ)を感じるワケです。
実際、食べ比べても断然吉野屋の定食のほうが旨いし。

で、それはいいとして今日の事。
『豚丼、つゆだくで』と頼んだワケです。
yoshinoya2.jpg


30秒程で運ばれてきた豚丼。おいしそう。
さあ食うぞ!と箸をご飯に入れた瞬間気付いた。
つゆが全く入ってない。
どうひいき目に見てもこりゃ『つゆなし』だよ。

うだつのあがらなそうな中年のおじさん店員に
『これつゆだくですか?』と聞くと
ああ、ハイ』って
ひとことも謝らずサッと丼ぶり持ってった。


その態度にここでキレてもよかったのだが
まあいい。怒るとメシもマズくなる。


そして汁を追加して運ばれてきた豚丼。おいしそう。
さあ食うぞ!と箸をご飯に入れた瞬間気付いた。
つゆが ちろっ としか入ってない。
どうひいき目に見てもこりゃ『普通盛』だよ。


しかし店内が混み合ってきたのでさっきのおじさん店員も忙しそう。
つゆの多いか少ないかで2回も3回も呼ぶのも大人気ない。
仕方ないガマンするか…』と心に決め
食べはじめたんです。



…なんで金払ってガマンせにゃならんの?



20秒前に心に決めたハズの決意はいとも簡単に折れ、
上の肉だけを食い、白飯をむき出しにして
オッサン店員に見せたワケです。



『これ、つゆだく?』




するとオッサン
え?つゆだく…。え…と、伝票には、ホラ、つゆだくってなってますよ…?



アホかボケ!目の前の白飯を、今を、

そして現実を見れや!!

これのどこがつゆだくなんじゃ!!!???




と、さすがにそこまでは言わなかったものの
こういうことを言いたいってオーラを出してたんですよ。
しかしそのジジイ一応は謝るものの、どうも脳に
申し訳ないという概念がインプットされてないらしく
誤りかたも『すいやせん。すいやせん。』を連発。


経験上、こういう人にキレても疲れるだけなので
もちろんお金もちゃんと払ってわずか3分で店を出た。


何でしょう。どうすればいいんでしょう。この想い。
別に吉野屋が悪いんじゃない、もう食べたくないんじゃない。
確かなのはあのアホが、どの世界でも仕事が出来ず現在に至るってことだけだ。

あーあ。まあ330円でネタにはなったけどね。

インターネット市川ヒロシ (オリジナルHP)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。