--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.03.24

スリランカ旅行を写真やイラストなどで紹介 その1

2月のはじめにスリランカへ行ってきました。
プライベートだったけど結局漫画にも描いたので
取材旅行になっちゃったけどもちろん自腹。


その模様を写真とイラストでご紹介していきたいと思います。


初日の夜にコロンボに着き、
めっちゃ汚い店で食事をし、
めっちゃ汚いバーでビールを飲んで、
めっちゃ汚いホテルで宿泊。

宿泊費は日本円で1200円くらいだったが、
俺の部屋はシャワーが出なかった。

と、いうか、あったんだけど
なぜかそこにはシャワー口がなく・・・

XmkiAkIAERQjDdD1364126825_1364126847.jpg

もちろんお湯は出ず、水。。
なかなか順調な旅行のスタートだったわ。。



次の日、早朝から遺跡の街「アヌラーダプラ」に向けて
電車で移動。約5時間、電車に揺られてケツが痛い。
途中、そこから見た朝日。
sri01.jpg
これは綺麗だったなあ。
車内で販売されてるカレーパン的なものも美味しく
ケツの痛みも和らぐ。

で、アヌラーダプラに着いて
とりあえずガイドブックに載ってるホテルへ。

気さくなおっちゃんが部屋に案内してくれる。

後にこのおっちゃんがガイドとなり
2日くらい一緒に旅をすることになる。


ホテルで自転車を借り、
目指すは遺跡ゾーン。
天気はあいにくの雨模様だが
気持ちは軽やか。

遺跡を見る前にメシを食おうということになって
定食屋らしき店に入る。

sri02.jpg
スリランカではだいたいどの店に入っても
だいたいこんなメニューが出てくる。
基本すべてカレー味。でも美味い。
10年以上前、インドで食ってたカレーとは大違いだ。
インドは安い店はもれなく不味かった。
いまはどうか知らんけど。

sri03.jpg
こちらもどの店にもだいたいあるフライドライス。
つまり炒飯。もれなく美味い。
タケポンは「郷に入れば郷に従え」精神からか
現地の人と同じよう手で食べていたが
俺はそんなことはしない。

海外での腹痛の怖さを嫌というほど
味わってるから・・・。
(まあ結局、彼も腹は壊さなかったが)

店を出て15分程度で最初の名所に到着。
sri05.jpg
ルワンウェリ・サーヤ大塔。

たくさんの観光客。
地元の人もお祈りに来ている。
なんて巨大なんだ。

途中、ローソクに火をともしてお祈りするところがあったのだが、
地元の人が自分で買ったであろうローソクを俺らにくれた。
スリランカの人は親日家の人も多く、
優しい人が多い。ありがとう。

sri31.jpg
もう一か所
ジェータワナ・ラーマヤ

こっちは観光客も地元の人もほとんどいない。
雨のせいもあるかもしれないが。。
こちらも写真で分かりにくいが相当巨大。
日本でいう工業地帯にある
ガスタンクを半分にしたくらいの大きさがある。

しかしこの造りにはビックリ!
小さなレンガを無数に積み立てている!!
これはすごい。
sri32.jpg


で、遺跡を堪能して
とある土産物屋へ。
「へ~いろんなの売ってるなあ」

と、スキを見せた瞬間
アジア旅行恒例の「ヤスイネ攻撃」開始。

俺はこれには慣れていたので、
まあ適当に流していたら
タケポンは完全に捕まっていた。。

jDIpOzgkbpNsTaF1364126706_1364126721.jpg

結局、象の置物を2000ルピー、(1400円)
象のペンダントを600ルピーで買っていた。

「そんなにしないだろう・・・」と内心思っていたが
黙っていた。(俺は何も買わず。)


後日、別の土産物屋で
タケポンが買った象の置物が売られていた。
値段を聞くと、何の交渉もしてないのに

「1600ルピー」

と、答えた。やはり。。。


以上2日までの出来事。


思ったより長くなりそうなので
続きはまた今度にします。
お楽しみに~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。